Wind Ensemble NOAHって?

Wind Ensemble NOAHってなに?


Wind Ensemble NOAHは、2016年8月に発足したばかりのゲイオンリーの吹奏楽団です。
名古屋市内を活動拠点として、同じセクシュアリティの仲間たちと「音楽を楽しみたい」、

そして「より高い音楽性を目指したい」という想いを抱く有志メンバーにより結成されました

NOAH(ノア)という名前の由来って?


Noah(ノア)とは、旧約聖書の中に出てくる「正義の人」と認められた人物。
彼は、神の怒りが発端となって起こった洪水から逃れるべく、方舟(はこぶね)を作り、
家族や動物たちを乗せて、新たな世界の祖を築き上げた…というのは、有名なお話です。
名古屋のゲイ吹奏楽団として、より一体感のある高い音楽性を追求し、
多くの仲間と新たな世界へと挑戦したい!という想いから、Wind Ensemble NOAHと名付けられました。

ゲイ術家がHappyになる楽団を目指して…


NOAHという名前には、実はもう一つ意味があります。

“Nagoya Organization of Artists to be Happy”
ゲイ術家(=演奏者)がHappyになれる名古屋の組織
…とでも訳しましょうか。

一人で楽器を演奏するということは、時には楽しく、そしてストレス解消になったりもします。しかし聴衆の存在によって、奏でる音楽を共感し、聴き手に癒しや感動を与えられるという「一人ではできない音楽の楽しみ方」を実現することができます。当団がゲイ術家(演奏者)にとって一つの自己実現の場となり、多くのお客様にその演奏を聴いていただき、聴き手もHappy、演奏者もHappyな気持ちになることができたらいいな・・・という思いから、Wind Ensemble NOAHと名付けられました。